【宍粟市】播磨の秘境!?絶景、赤西渓谷をご紹介

目次

赤西渓谷とは

赤西(あかさい)渓谷は、水源の森百選やひょうごの森百選に選ばれており、宍粟市の水源として地域に恵みをもたらしています。現在も林業が盛んな宍粟市は、古くから林業で栄えており、大正13年には赤西国有林の南に2ha以上の広大な貯木場が整備されました。
自然観察教育林内を東西に横断する赤西林道も、国有林から木材を搬出するために大正時代に開設された森林鉄道の軌道跡を利用して造られました。

林道
綺麗な沢水
道の駅で借りれるE-BIKE

標高が高く冷涼な気候であり、冬季には積雪も見られます。植生はスギ、ヒノキ、ツガ等の針葉樹のほか、ミズナラ、ケヤキ、カエデ、ブナ等の樹齢150年を超える天然広葉樹も多く見られます。
このため、紅葉時期には、澄んだ空気の中、落葉が川面を赤く染めるなど、赤や黄に色づいた木々と針葉樹の緑や澄んだ渓流とが作り出す様々な表情を楽しむことができます。

E-BIKE

ヨーロッパで人気の電動マウンテンバイク「E-BIKE」。
赤西渓谷でもこのE-BIKEを走ることができます!見た目のカッコよさや走り心地の良さはもちろん、
電動サポート付きだから、急な坂道や、凸凹した林道もスイスイ進めます。女性や運動が苦手な方も安心してより気軽にサイクリングを楽しんでいただけます!

赤西渓谷の奥へ続く道の途中からは、一般車両の通行が禁止されています。
車で行かれる方は、車止め(通行規制位置)までにあるスペースに駐車くださいますようお願いいたします。

アクセス

中国自動車道「山崎IC」から国道29号を鳥取方面へ、車で約40分

目次